LINE公式は採用にも使えるの?

LINE公式は「ビジネスで使うのはどうなの?」と思われる方もいるかと思いますが、
マーケティングツールとして活用する企業が非常に増えてきています

少し前まではLINE@という名称のサービスでしたが、LINE公式アカウントに統合され
無料の範囲内で多くの機能が使えるようになってきています。

最近では「ステップ配信」や「タグ」機能が追加され、ビジネスで使わない手はない!というくらい激アツツールになってきています🔥

認証済みアカウントにするのがオススメです!

・会社用のアカウントはあるけれど、動かしていない
・まだアカウントさえ持っていない

という方は、最低限行うべき設定をし、準備をしていきましょう。

LINE社のダウンロード資料がすごくわかりやすいのでぜひご参考にしてみてください。

LINE公式アカウント導入マニュアル

初期設定が完了したら、続いて行うべきことは
認証済みアカウント】の申請をするということです!

LINE公式には認証済みアカウントと未認証アカウントが存在し、
認証済みアカウントになると青色のバッジが付与され、LINEアプリ内での検索結果にアカウントが表示されるようになります。

申請を行う企業が非常に増えてきていることもあり、審査が通るのに1ヶ月以上かかるケースが多くなっていますので、早めに申請することをおすすめします。

LINE公式を活用するメリット

アクティブユーザーが多い

LINEの月間アクティブユーザー数

LINE公式を活用する大きなメリットとしては、
かなり身近にあるツール」ということです。

日本人口の約7割がLINEを使っていて、さらにその中で毎日利用するユーザーは8割を超えています。

インスタやTwitter、YouTubeなどどのツールに比べてもこの数値は圧倒的に高いです!

使用する年齢層にも偏りがなく、
狙ったターゲットと密にコミュニケーションを取ることが可能になります。

コロナ禍になり、ユーザーがいろんなところから情報を集める機会も増えており、
そんな中で「この会社がいい!」と思ってもらうには、ただ情報発信をするだけでなく
ユーザーに合わせてコミュニケーションをとっていくということが非常に重要になります。

メルマガよりも高い開封率

引用元: http://www.gmo-c.jp/lineat/media.html 

説明会の情報を流す、インターンの情報を送る などをメールで行なったとしても
その開封率はLINEとメルマガでは圧倒的に差があります。

インスタグラムやTwitterで情報を流しても、一方的な発信のため、
ちゃんと情報が届いているのかがわからないことも、、、

また、特に新卒採用の場合、同時に何社もエントリーする就活生がほとんどのため、
メールが届いていることに気づかず、他の連絡で埋もれてしまうということも珍しくありません。

LINE公式を活用すれば、送ったメッセージに反応が得られ、
自社に興味を持ってくれた人を説明会、面接、内定、採用までつなげやすくなっていきます。

1人づつ電話やメールをするリソースを削減

通常の業務があるかたわら、採用に関する業務を行なっている方もたくさんいらっしゃると思います。
忙しい中で、次の面接のお知らせや連絡対応に割く時間を少しでも浮かせられれば楽ですよね👍

大事な連絡を除き、基本的なやりとりや日程調整などは1対1トークで行えば、過去の履歴もすぐに見ることができますし、応募者側からしても通知に気づきやすいのでやりとりがスムーズにいきます。

ちょっとした質問も、LINEであれば送りやすいですよね。

LINE公式を使った活用例

では実際に、LINE公式を使って採用アカウントを運用していく場合、
どのように活用していけばいいのかをご紹介します☆

会社情報をLINEで発信し、良さを知ってもらう

ただテキストのみのメッセージを送信するだけでなく、
動画リッチメッセージなど色々な形で配信が可能です。

アクティブユーザーの多いLINEを使って、企業の紹介動画やスタッフ情報、説明会やイベントの情報を流すことでより多くの反応を得ることができます。

また、冒頭にお話しした「ステップ配信」機能をうまく使えば、
×日後にはこのメッセージまたその×日後にはこのメッセージ というように自動的に配信がされるように設定を行うこともできます。

友だち追加されたタイミングから
・会社概要
・社員紹介
・応募フォーム案内
までの流れを自動的に組むなどしてみてはいかがでしょうか。

面接後の丁寧なフォローメッセージ

面接を行って、「ぜひうちに入って欲しい!」と思った優秀な人材を他の企業に取られず、
途中で辞退されずに次の面接に繋げていきいたものですよね。

そんな時に使えるのが「タグ機能」です!

タグ機能は何かというと、友だち内で「1次面接通過者」などといったグループ分けができ、そのグループだけに対してメッセージを一斉に送ることができます。

こうすることで1人1人に対して連絡する手間が省け、次の日程調整までスムーズにやりとりをすることが可能です。

内定を出してから入社までLINEでサポート

内定を出しても実際に入社には至らなかった、というのも採用における課題の1つですよね。

他に受けていた会社から内定をもらえて辞退した、など人によって理由は様々かと思いますが
内定を出した後、LINEでしっかりコミュニケーションを取ることで、本当に大丈夫かな?という不安を取り除き、安心感を与えることができます。

やはりまだLINEでやりとりをする、ということに馴染みがない企業様は、
入社までの期間はLINEを活用する、などで取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回お話しさせていただいたように無料の範囲内でできることが多くなっており、
またLINEへのツール連携によりビジネスでの活用の幅がぐっと広がってきています!

・まだLINEを導入するか迷っている
・LINEを導入しているけど使い方がよくわからない
・もっとうまく活用していきたい
というご担当者様、企業様はぜひ一度株式会社エッコにご相談ください!!お待ちしております👼