中国でのオフショア開発は、かつてはコスト削減と高い技術力を提供する重要な選択肢でした。

しかし、最近のトレンドと市場の動向を見ると、中国のオフショア開発は減少傾向にあります。

この減少は、複数の要因によって引き起こされています。単価の上昇、地政学的リスク、国民性や文化の違い、反日感情の高まり、そして政情の不安定さなどが、中国オフショアの魅力を減少させている主な理由です​​​​。

中国オフショア開発は減少傾向

中国の壁グレート, 山, 古代の, アーキテクチャ, 木, 森林, 日没, 風景

中国でのオフショア開発単価は年々上昇しており、特に沿岸部の都市では単価の高騰が激しいです。これにより、かつてのコストメリットが薄れつつあり、日本企業にとっての魅力が低下しています。

加えて、文化や国民性の違い、反日感情の高まりなどがビジネス上の障壁となり、トラブルの原因となることも少なくありません。

これらの問題点が、中国オフショア開発の減少傾向を後押ししています​​​​。

中国でのオフショア開発は、高い技術力や時差の少なさといったメリットもありますが、現在では内陸部を除くと単価の上昇や地政学的リスク、国民性の違いなどの課題が顕在化しています。これらの課題により、多くの日本企業が中国以外の国々、特にベトナムやインド、フィリピン、バングラデシュなどへのオフショア開発拠点のシフトを進めています。

今後、中国でのオフショア開発はこれらの課題にどのように対応し、変化していくのか、その動向が注目されています​​​​。

オフショア開発の中国の特徴4つ

中国のオフショア開発は、その独自の特性によって多くの日本企業から注目されています。主な特徴は以下の4つに分類されます。

①エンジニアの技術力

中国はIT分野において世界をリードする国の一つとして急速に成長しています。中国のエンジニアは、特にハイテク産業やソフトウェア開発において高い技術力を持っています。

デジタル競争力では日本を追い抜いている部分もあり、多くの優秀なIT専門家やエンジニアが在籍しています​​。

②効率が良い

手, 計算されました, タブレット, テクノロジー, デジタルタブレット中国は同じ漢字圏であり、日本語学習者も多いため、コミュニケーションが比較的取りやすいです。

この文化的親近感は、業務の効率化に大きく貢献しており、日本企業にとってプロジェクトの進行がスムーズになる大きな利点となっています​​。

③開発単価が高い

近年、中国のオフショア開発単価は高騰しており、特に沿岸部の都市では日本よりも単価が高い企業も存在します。平均的なエンジニア単価は50万円近くになることもあり、かつてのコストメリットが薄れつつあります。

ただし、内陸部ではまだ比較的安価にサービスを受けることが可能です​​。

④時差が少ない

時計, 時間, 考え, 概念, 時差, 時間帯, タイムピース, 掛け時計中国は地理的に日本に近く、時差も1時間しかないため、日本企業がオフショア開発を行う上で非常に便利です。リアルタイムでのコミュニケーションが可能であり、緊急の対応が必要な場合でも迅速に行動することができます​​。

 

これらの特徴は、中国でのオフショア開発を検討する際の重要な考慮事項となります。

しかし、単価の高騰や地政学的リスク、国民性の違いなどの問題もあるため、これらを踏まえた上で慎重にパートナーを選定する必要があります。

中国オフショア開発の《いま》

地政学リスク

中国のオフショア開発市場は、地政学的な緊張とその結果としての経済的なリスクの高まりに直面しています。

特に、米中間の経済的なデカップリングやブロック経済圏の形成の影響は、グローバル化したサプライチェーンに大きな影響を及ぼしています。また、経済安全保障の観点からも、中国オフショアの動向は慎重に監視されており、一部の金融機関などではオフショア開発の規模縮小の動きも見られています​​。

国民性

中国のオフショア開発におけるもう一つの注目すべきポイントは、国民性の違いによるビジネス上の障壁です。日本企業と中国の開発パートナー間で、仕事に対する価値観の違いやコミュニケーションの方法の違いがトラブルの原因となることがあります。中国では、設計書に記載されていない作業は行われないことが多く、日本のように行間を読んで対応する文化は少ないため、指示の明確化が必要です。

また、反日感情や政治的な問題によるビジネス上のリスクも考慮する必要があります​​。

政治事情の都合

人, 女性, ラリー, 抗議する, 団結する, 看板, バナー中国のオフショア開発市場は、地政学的な緊張と経済安全保障の推進法の成立による影響を受けています。特に、金融機関を中心に中国オフショア開発の規模を縮小する動きが見られ、これらの政治事情が「脱・中国オフショア」の動きを加速させる可能性があると指摘されています​​。

人件費

中国でのオフショア開発単価は年々上昇しており、オフショア委託国の中でも最も高くなっています。特に沿岸部の都市では、日本よりも単価が高い企業も存在し、平均エンジニア単価は50万円近くまで高騰しています。

これにより、コスト削減を目的としたオフショア開発の魅力が薄れつつあります​​。

品質

品質, 手, 書きます, ボールペン, 署名, 同意, 密閉, 書き込み, 井戸中国でのオフショア開発では、コミュニケーションの認識齟齬や文化や思考の違いにより、プロジェクトの品質に問題が生じる場合があります。一般的に中国企業は、求められている以上のことを行わない傾向があり、最低限の仕事をするため、品質が低く感じることがあるとされています​​。

 

中国でのオフショア開発は、技術力の高さや時差が少ないなどのメリットがありますが、地政学的リスク、人件費の高騰、コミュニケーションや品質の問題など、多くの課題に直面しています。これらの課題に対処し、効果的にオフショア開発を進めるためには、適切なパートナーの選定や、コミュニケーションの方法の工夫、文化的な違いを理解することが重要です。

今後の動向と他国の特徴

開発単価の安い国へシフト

今後のオフショア開発の動向では、コストパフォーマンスを重視する企業が増えるにつれ、開発単価の安い国へのシフトが見られます。特に、ベトナムはその代表例として注目されています。ベトナムのプログラマーの単価は、日本のエンジニアの約3分の1程度であり、国内開発よりも50%〜30%コストを下げることが可能です。

また、ベトナムはIT人材教育に国を挙げて取り組んでおり、技術力と品質の向上が見られます。さらに、政治的な安定性や親日国家である点、時差が少ない点もベトナムのオフショア開発を選択する際の大きな利点となっています​​。

一方、中国やインドはオフショア開発の老舗国として長い歴史を持っていますが、経済成長に伴い人件費が上昇しており、特に中国は30〜50万円、インドは25〜45万円の人月単価となっています。

これに対して、ベトナムは20〜40万円、フィリピンは15〜35万円、ミャンマーは10〜30万円と、より経済的に魅力的なオプションが提供されています​​。

近年はベトナムが人気

技術力が高い

ベトナムは近年、オフショア開発市場で非常に人気が高まっています。その理由の一つは、高い技術力にあります。ベトナムは国を挙げてIT教育に力を入れており、多くの優秀なIT人材を輩出しています。

特に、ハノイ工科大学などの理工系大学からは、高度な技術を持つエンジニアが多数卒業しており、これらのエンジニアは国内外のプロジェクトでその能力を発揮しています​​。

コストが安価

お金, 財布, インフレーション, 紙幣, ユーロ, 通貨, キャッシュボックスベトナムのオフショア開発のもう一つの大きな魅力は、そのコストの安さです。ベトナムのエンジニアの単価は日本の約3分の1程度と非常に低く、高品質な開発を低コストで実現することができます。

これにより、企業は大幅なコスト削減を実現しつつ、プロジェクトの品質を維持することが可能になっています​​。

IT教育が盛ん

ベトナムでのIT教育の盛んさも、同国がオフショア開発市場で注目される理由の一つです。ベトナム政府はIT産業の発展を国家戦略と位置付けており、初等教育から高等教育に至るまで、IT教育に多大な投資を行っています。

その結果、毎年多くの優秀なIT人材が市場に供給されており、これがベトナムオフショア開発の技術力の高さを支えています​​。

 

ベトナムは、高い技術力低いコストIT教育の充実という3つの要素が相まって、オフショア開発市場での人気を集めています。これらの要因は、ベトナムが今後もオフショア開発の主要拠点としての地位を維持し、さらにその地位を強化していく可能性を示唆しています。

英語環境があれば低コストのフィリピン

フィリピンのオフショア開発市場は、英語が公用語であるため、英語に基づくコミュニケーションがスムーズに行われます。特に英語がビジネスの共通言語となっている国際企業にとっては、フィリピンの開発チームとの連携が容易です。

また、フィリピンの人月単価は21万~30万円程度と、他国と比較しても安価であり、コスト削減を図りつつ高品質な開発を期待できる点が魅力的です​​。

日本語ができる人材が少ない

ピンク, 桜, フラワーズ, 支店, ピンクの花, さくら, 日本の桜の木しかし、フィリピンでの開発では、日本語ができる人材が少ないという課題があります。フィリピンのエンジニアやデザイナーは英語には堪能ですが、日本語でのコミュニケーションを必要とするプロジェクトには適していない可能性があります。そのため、日本語に対応できるブリッジSEの配置や、英語でのコミュニケーション能力がある社内メンバーの活用が求められます​​。

時差が少ない

フィリピンのもう一つの大きなメリットは、日本との時差がわずか1時間しかないことです。これにより、日本とフィリピン間のコミュニケーションやプロジェクト管理が非常にスムーズに行われ、緊急時の対応も迅速に行うことが可能になります。また、物理的な距離も近いため、必要に応じて現地訪問を行いやすいという利点もあります​​​​。

 

フィリピンでのオフショア開発は、英語環境の利用とコスト削減が鍵となりますが、日本語対応と時差の少なさも大きなメリットとして挙げられます。これらを踏まえた上で、フィリピンのオフショア開発パートナーを選定することが、プロジェクト成功のために重要です。

欧米からの開発を請け負い安定した技術力のインド

インドは、欧米からの開発を請け負うことで知られるオフショア開発のハブとしての地位を確立しています。

特に、インドのITエンジニアは優れた技術力を持ち、国を挙げてIT産業に力を入れているため、エンジニアとしての教育や実践的な経験を積んできた若いエンジニアが多いという特徴があります。

このことから、インドは高度な技術を必要とする大規模プロジェクトに非常に適しています​​​​。

開発コストはフィリピンと同等

インドのエンジニアの人月単価は、一部の職種ではフィリピンと同等か、それ以上になることもありますが、技術力の高さを考慮すると、コストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

特に、大手IT企業のCEOを務めるなど、世界的に認められたインドの技術者たちが存在することから、その価値は計り知れません​​。

IT教育が盛ん

デジタル マーケティング, ソ, Google, Emarketing, SemインドはIT教育が非常に盛んな国であり、幼少期から高度な数学教育が実施されていることもあり、工学系の分野において技術力の高さは世界的に見ても高水準です。

また、インド工科大学(IIT)などの名門校からは世界トップクラスのIT人材が輩出されており、これらの高い教育水準が優秀なエンジニアを生み出しています​​。

時差が3時間30分

インドと日本との時差は3時間30分であり、日本からのオフショア開発においても、比較的コミュニケーションを取りやすい時間差となっています。

この時差は、日本企業がインドの開発チームと連携する際に、実質的な障壁が少ないことを意味します​​。

 

インドのオフショア開発は、高い技術力と豊富なIT人材、英語でのコミュニケーションの容易さが特徴であり、特に大規模なプロジェクトや最新技術を活用した開発において強みを発揮します。

ただし、人件費の高さや、ビジネスパートナーとしての相性を考慮する必要があります。これらの特性を理解し、適切にオフショア開発先としてインドを活用することが、成功への鍵となります​​。

開発コストが安いバングラデシュ

英語話者が多く欧米の開発先として有名

ボード, 学校, 黒板, チョーク, 書き込み, 英語, 言語, 質問, 英語バングラデシュは、英語を公用語として利用している国の一つであり、そのため英語を話す能力を持つ人材が豊富にいます。これは、欧米からの開発を請け負う際の大きな強みとなっており、コミュニケーションの面での障壁が少ないことから、多くの国際的なプロジェクトで高い評価を受けています。

英語話者が多いことは、バングラデシュがオフショア開発先として選ばれる重要な理由の一つです​​。

国がIT政策に協力的

バングラデシュ政府は、デジタル・バングラデシュ&ビジョン2021など、国のデジタル化を推進するための明確な政策を持っています。この政策の一環として、IT産業の成長を強くサポートしており、その結果、バングラデシュはITオフショア開発の新たなハブとしての地位を確立しつつあります。

政府によるIT教育の強化やインフラの整備は、高品質なサービスを提供できるIT人材の育成に貢献しています​​。

時差が3時間

バングラデシュと日本の時差は約3時間であり、これはオフショア開発において大きなメリットの一つです。時差が少ないことで、日本とバングラデシュ間のコミュニケーションが容易になり、迅速なやり取りが可能になります。

緊急の問題が発生した場合でも、時差の問題による遅延なく対応できるため、プロジェクトの進行がスムーズに行われることが期待できます​​。

 

バングラデシュは、英語話者の豊富さ、国のIT政策によるサポート、そして日本との時差が少ないという点で、オフショア開発において魅力的な選択肢となっています。これらの要因は、バングラデシュを欧米だけでなく、日本からのオフショア開発先としても注目させる要因となっています。

まとめ

2023年におけるオフショア開発の現状と今後の動向についての概観は、世界中で起こっている経済的、技術的変化を反映しています。中国でのオフショア開発は減少傾向にあり、その理由には人件費の高騰地政学的リスク国民性の違いなどが挙げられます。これにより、多くの企業が開発単価の安い国、特にベトナムフィリピンインドバングラデシュなどに注目を移しています。

ベトナムは、高い技術力と低い人件費、IT教育の充実により、特に人気が高まっています。フィリピンは、英語環境と低コストでの開発が可能である一方で、日本語対応の人材が少ないという課題があります。インドは、安定した技術力と豊富なIT人材を持つが、開発コストが比較的高いという特徴があります。バングラデシュは、英語話者が多く、国がIT政策に協力的で、開発コストが非常に低いことが特徴です。

地図, グローブ, 世界, 地球, 世界地図, 予定, 見せる, 指, 手今後の動向としては、各国がオフショア開発市場での競争力を高めるために、技術力の向上、コストパフォーマンスの改善、言語能力の強化などに取り組むことが予想されます。また、地政学的リスクや国際情勢の変化も、オフショア開発市場に大きな影響を与える可能性があります。

企業がオフショア開発パートナーを選定する際には、単価の安さだけでなく、技術力、コミュニケーション能力、文化的な相互理解、プロジェクト管理能力など、総合的な観点から評価することが重要です。また、政治的なリスクや文化の違いに対する理解を深め、長期的な視点での関係構築を目指すことが、成功への鍵となるでしょう。